SLEEP

脳、身体、心すべてがボロボロに…こんなに怖い“ダメ睡眠”の弊害

こちらの記事は週刊女性PRIME(運営:主婦と生活社)の提供でお送りします。


量・質ともによくない“ダメ睡眠”を続けているとどうなるのか? 脳や身体への悪影響は計り知れない。3人の専門家に取材した。

風邪や生活習慣病、早死にをもたらす

睡眠にはまず、疲れた心身を回復する役割がある。『スリープクリニック銀座』の院長で睡眠障害に詳しい渋井佳代先生によると、

「特に眠ってから最初のノンレム睡眠時(深い眠りのとき)に分泌される成長ホルモンは、免疫力を高めたり、傷んだ細胞を修復したり再生したりする大切なもの。よい睡眠が得られていないと成長ホルモンが足りず、抵抗力が弱まって病気にかかりやすくなります」

具体的には、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり帯状疱疹を患ったりするほか、高血圧や糖尿病をはじめ、あらゆる生活習慣病を引き起こすという。

また、睡眠時間の過不足は、寿命をも縮めてしまう。1980年代に米国で100万人以上を対象に行われた睡眠時間と寿命に関する調査では、1日の睡眠時間が6・5~7・4時間の人が最も死亡率が低く、それより多くても少なくても寿命は短くなる傾向にあったという。

また、成長ホルモンが足りないと、皮膚や髪の毛の修復や再生力も低下。当然、見た目も悪くなる。

「肌は荒れてボロボロになり、シミやシワもできやすくなる。髪は薄毛に、白髪も増えてしまいます」(渋井先生、以下同)

食欲暴走→過食→おデブの仲間入り

しかも、睡眠不足は肥満も促すというから恐ろしい。

「米国の研究では、平均睡眠時間が7~9時間のグループを基準に、6時間だと23%、5時間だと50%、そして4時間以下は73%と、睡眠時間が短くなるほど肥満になる確率が高くなるという結果も出ています」

睡眠が足りないと、食欲を抑えるレプチンというホルモンが減り、反対に食欲を促すグレリンというホルモンが増え、結果として過食に走りやすくなるのが、その理由だという。

「単純に夜中まで起きているとつい食べものに手が出てしまうこともありますよね。また、夜遅く食べたものは脂肪として蓄積されやすいこともわかっています」

眠っていない子ほどテストができない

脳の機能が低下し日常生活に支障をきたすことも。

「まず、単純作業の能率が下がり、根を詰めた仕事や作業もだんだん持続しにくくなる。集中力や注意力、記憶力が低下し、ミスをしやすくなります」

東洋羽毛工業株式会社の睡眠健康指導士・金子勝明さんから衝撃のデータが明かされた。

「人間は目覚めて15時間後に注意力のテストを実施すると“酒気帯び運転”、18時間後だと“酒酔い運転”に近いレベルを示すという調査結果もあります。テスト期間は一夜漬けするよりも、1度寝てから早起きして勉強したほうが記憶も定着するということです」

実際に、睡眠不足の子どもほど成績が悪い。

’14年に改定された厚生労働省の『健康づくりのための睡眠指針』では、不規則で遅い就寝や起床が成績の低さと関係している旨が指摘されている。広島県教育委員会が’03年に行った調査では、小学5年生を対象に国語と算数の試験結果と睡眠時間を調べたところ、睡眠時間が5時間以下の場合、国語の平均が51・9点、算数が53・9点。9時間以上10時間未満の場合、それぞれ70・3点、73・7点。差は歴然だった。

睡眠時間が長い子どもほど、ものを記憶するのに重要な役割を果たす「海馬」が大きく成長するという研究結果もある。

心が壊れてうつになることも

睡眠不足は、精神面にも悪影響を及ぼす。リハビリテーションの専門職である作業療法士として、患者に睡眠指導も行う菅原洋平さんによれば、

「人は眠ることで、記憶や感情を整理します。特にレム睡眠時(浅い眠りのとき)、夢を見ながら感情を消化しているといわれています」

睡眠時間が少なければ、心のメンテナンスが滞る。

「イライラや不安感、無気力感に襲われるだけでなく、神経症やうつになりやすくなるのです」(前出・渋井先生)

知れば知るほど、睡眠不足の弊害は大きい。


〈プロフィール〉
渋井佳代先生◎スリープクリニック銀座院長。睡眠医療認定医。信州大学医学部卒業後、国立精神・神経センター国府台病院精神科睡眠外来などを経て現職。特に女性の睡眠障害に詳しい

菅原洋平さん◎作業療法士。ユークロニア株式会社代表。民間病院精神科を経て国立病院機構で脳のリハビリテーションに従事。脳の回復には睡眠が重要であることに着目し臨床実践

金子勝明さん◎睡眠健康指導士、睡眠環境・寝具指導士。東洋羽毛工業株式会社で営業企画や分析のみならず、眠りの研究を続け、睡眠講座の講師として全国を行脚


当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です。