SLEEP

シャワーだけで済ませてない?夏入浴の絶大な効果

こちらの記事は週刊女性PRIME(運営:主婦と生活社)の提供でお送りします。

Beauty in bubble bath.

快眠に直結するお風呂習慣

 

「バスクリンお風呂博士」として知られる石川泰弘さんは、睡眠改善インストラクターの資格も持つ健康のプロ。「夏の不眠こそが、さまざまな体調不良の原因である」といいます。カギを握るのが自律神経――。

「正常なリズムなら夜に近づくと眠気が訪れ、副交感神経が優位の状態で、自然と深い眠りに入れますが、リズムが崩れ、交感神経が優位だと深い眠りが得られず、疲れがとれない、風邪をひきやすくなるといった不調を引き起こすのです」

そこでおすすめしたいのが、夏の入浴習慣。とかくシャワーですませがちな季節ですが、夏こそ湯船で身体を温めてほしいと、石川さんはいいます。

「眠気は体温の変化と密接に関わりがあり、体温が下がると自然な眠気が訪れます。お風呂で温まり少し体温を上げると、そのあと体温が下がる。この変化によって、心地よい、深い眠りが得られるのです」

 

chilled colorful beverages in ice box. summer party

夏の冷え性対策や免疫力アップも

 

エアコンや、冷たいものの食べすぎなどが原因で起こる夏の冷え性も、入浴により改善すると石川さんはいいます。

「冷え症のいちばんの問題は血の巡りの悪さ。お風呂で温まると、血管の内側に一酸化窒素が発生し血管そのものが薄くなります。その結果、血液の通り道が広くなり、流れが改善。また、水圧の効果で心肺機能が高まるため、血流改善には非常に効果的です」

さらに、お風呂で発汗させることは、免疫力アップにも欠かせないことだと石川さん。

「エアコンのきいた部屋で暮らし、運動不足になりがちな現代人は、汗をかくのが苦手。汗腺の働きが鈍っているため、発汗による体温調節がスムーズにいかない人が多いようです。お風呂に入って体温を上げ、しっかり汗をかくことで、病気に対する免疫力も高まるでしょう」

 

Onsen series : Blue yukata and white towel

お風呂博士に聞く、夏の入浴法Q&A

 

ここからは一問一答で、お風呂の効果をさらに効果的に取り入れる具体的な方法を聞いていきます。

Q 夏のお風呂ではどんな点に注意すればよいのでしょう?

A 39度くらいのぬるめのお湯に10分以上浸かってください

心臓から出た血液が体内を1周するのに約1分かかりますから、10分入ると10周程度、血液を巡らすことができます。また、湯船に入って汗が出るまでには6~7分必要なので、それより少し長めという点でも、10分程度がおすすめです。

Q 疲れて帰った日も、早く寝るよりお風呂が大事ですか?

A 30分遅く寝てもお風呂で温まって!

忙しかった日は遅く帰っても交感神経が優位な状態で、早く寝ても頭が興奮状態でぐっすり眠れません。そんな日は、湯船で身体を温めるだけでいいからお風呂に入って! 体温変化によって深い眠りが得られるので、疲れがすっきりとれます。身体の汚れは、翌朝、シャワーで落とせばOKです!

Q 半身浴ではダメですか?

A 入浴の効果は全身浴のほうが上です

少ないお湯に浸かる半身浴では、水圧と浮力の効果が得られません。長時間入って汗を出すことはできますが、血の巡りにいい影響を与えたり、深いリラックスをもたらしたりといった効果は期待できないでしょう。特に、夏は、短めの時間でも身体を適度に温めて汗を流せる全身浴がおすすめです。

Q 汗の出すぎによる脱水が気になります

A 入浴前後に水分補給を

熱めのお風呂に15分入ると、500ミリリットルの汗が出ます。夏場はそれほど暑いお湯に入ることはありませんが、しっかり水分補給することは大事です。入浴前にコップ1杯の水を。さらに、お風呂上がりにもコップ1杯飲んでください。きちんと水分補給をして入浴すれば、汗をたっぷりかいても脱水を予防できるでしょう。

Q 熱いお風呂は肌を乾燥させそう……

A 入浴後10分以内に保湿ケアを

夏は紫外線で肌が乾燥しがち。お風呂に入ると皮脂が取れるので、確かに肌が乾燥します。そこで、夏でもきちんとボディーケアを。お風呂から上がったら10分以内に、ボディーローションやボディークリームを塗ってください。夏にボディーが乾燥するのは、ベタつくのが苦手でボディーケアが足りないせいかもしれませんよ!

Q 夏におすすめの入浴剤を教えて!

A 清涼感、リラックス、潤いがキーワード

汗をたくさんかく夏には、清涼感のあるものや、炭酸ガスで筋肉の疲労をほぐしてくれるタイプがおすすめ。何種類か用意し、その日のコンディションに合わせて選んでみては?

Q 夏は朝風呂派。朝のお風呂のポイントは?

A 熱めのお湯に短時間が正解!

眠っている間にも汗をかくので、朝の入浴も気持ちがいいですね。朝は交感神経を優位にして心身を活動モードに切り替える時間。それには、やや熱めのお湯に短時間入るのがおすすめです。暑いからと、冷たい水シャワーを浴びたりすると、入浴後に再び汗をかいてしまいますからご注意を!

Q 職場の冷房がきついのですが、いい方法はありますか?

A 給湯室で「手浴」をしてみては?

桶にお湯をため、手首まで温める「手浴」をしてみてください。手のひらから手の甲の全体を温めることができるので、それだけで血流がよくなります。給湯室などでお試しを!

 

石川泰弘さん
(株)バスクリン広報責任者。温泉入浴指導員、睡眠改善インストラクターの資格を持ち、順天堂大学大学院スポーツ科学研究科・修士課程を修了。著書に『たった一晩で疲れをリセットする睡眠術』(日本文芸社)などがある。

(本誌記事の構成・文/江口知子)
※Web掲載にあたり週刊女性PRIME編集部が一部リライトしています。

当記事は「週刊女性PRIME(運営:主婦と生活社)の提供記事です。