SLEEP

睡眠効率「だけ」優秀でも意味がない!|最高の体調-パレオな男に聞いてみた-

論文オタクは「朝までゴールデン街」をこうしてやめた

しかし、何より鈴木氏が問題視するのは「5〜6時間睡眠」。しばしば「12時就寝」の目標を破ってしまうという小早川氏に原因を尋ねると、これからの忘年会シーズンにありがちな答えが帰ってきた。

 

小早川仕事相手との飲み会で夜遅くなることが多いかな。交流を深めるいい機会だし、なにより楽しいから断りづらいんですよ。飲み会に行くときの対策とかってないですか」

 

実は会議当日にも飲み会の予定があった小早川氏。「翌日に響かない飲み方」「おつまみの選び方」などを期待したのだが、鈴木氏からは

 

「飲みに行かなければいいんですよ」

 

とストイックすぎる答えが。

 

「僕も35歳まではゴールデン街で朝5時まで飲み明かすこともしょっちゅうでした。次の日は最悪の気分とコンディションで出社してましたね」

 

そんな鈴木氏だが、飲み明かしをやめること自体は苦ではなかったという。

 

お酒はほんの1杯でも健康に悪い、という論文を読んだんですよ。その日から「じゃあやめよう」と思って」

 


◆参考記事:「1杯でもダメージがある酒は百薬の長?いやいや、実はたった1杯でも寿命に悪影響かもよ!というメタ分析 」(パレオな男)


 

データが頭にあると、具体的なリスクを意識して行動できるんです。

例えば1日睡眠不足になると3日は影響が出る。それを知っていれば夜中の1時半まで飲むリスクをはっきり感じられます。やっぱり知識は大事ですね」

 

「夜中じゅう飲み会」をやめる最強テクニック

エビデンスを重視して健康を手に入れてきた鈴木氏の言葉に、小早川氏の表情も引き締まる。

 

小早川「飲み会をゼロにすることはできませんが、日付が変わるまでには帰宅する習慣をつけたいですね」

 

鈴木「習慣化ということなら、if-thenプランニングが最強ですよ」

 

if-thenプランニングは鈴木氏の近刊『最高の体調』にも登場する鉄板テクニック。達成したいプロジェクトに対してトリガーとなる条件(if)と行動(then)をまとめて設定するというものだ。

 

if-thenプランニングのやり方

自分が決めたプロジェクトについて、「もしXが起きたら、 Yをやる」といった形式で実行のタイミングをルール化しておく。

【例】

6時になったら掃除をする

・月曜になったら会社の帰りにジムに行く

 

小早川「”23時になったら(if)『明日出張だから帰ります』と言う(then)”のはどうです?」

 

鈴木「小早川さん、もともと飲み会がお好きなんですよね。この場合、時刻だけだとトリガーとして弱いです」

 

if-thenプランニングのコツは強力なトリガー(if)を作ること。楽しい飲み会を途中で退席するには、より「条件」を意識しやすいものがいい。

しばらくして、小早川氏が唐突に口を開いた。

 

「じゃあ、英語を勉強しよう!」


→NEXT:社長、朝活に挑戦?


About the author

鈴木祐 

サイエンスライター

サイエンスライター。1976年生まれ。慶應義塾大学SFC卒業後、出版社勤務を経て独立。10万本の科学論文の読破と600人を超える海外の学者や専門医へのインタビューを重ねながら、現在はヘルスケアをテーマとした書籍や雑誌の執筆を手がける。近年では、自身のブログ「パレオな男」で心理、健康、科学に関する最新の知見を紹介し続け、月間250万PVを達成。また、ヘルスケア企業などを中心に、科学的なエビデンスの見分け方などを伝える講演なども行っている。著書に『最高の体調』(クロスメディア・パブリッシング)などがある。