SLEEP

「耳冷え対策」から「睡眠用たわし」まで?睡眠グッズ最前線を探る|眠り専門展示会「ぐっすりEXPO」レポート

睡眠の質は仕事のパフォーマンスアップに欠かせない。「ぐっすり眠りたい」と願う人々が増えているなか、睡眠サポート製品はどのような進化を遂げているのだろうか。

20181120日~22日、東京ビッグサイトにて開催された『第1回 ぐっすりEXPO(エキスポ)~良質睡眠推進展~』では、良質な睡眠を支援するための製品・サービスが一堂に集まった。

今回この「日本で唯一の「眠り」に特化した専門展示会」にビジネスライフ編集部員が潜入。睡眠グッズの「今」をレポートする

医療・福祉業界関係者、勤務管理者などが主な来場対象の「ぐっすりEXPO」。実用性重視の雰囲気に期待が高まる


1.音・光・香りで睡眠空間を演出!「sleepion」シリーズ

初代「sleepion」は寝室への据え置きに最適。19,800円(税抜)

 

入場するとまず目に飛び込んでくるのは、ドーナツを割ったようなフォルムのガジェットだ。「音・光・香」の3要素から睡眠に働きかけ、心地よい眠りへ導入するという。

ドーナツの断面部のようなスピーカーから360°全方向に睡眠サウンドが広がり、半月状のライトがロウソクのようにゆらぐ。小さなリングから漂うのは、独自開発された睡眠専用のアロマだ。

この睡眠サポート機器「sleepion(スリーピオン)」シリーズを開発したのはモバイルバッテリー・ダンボーシリーズで有名なcheero。香りや照明、入眠音楽が睡眠の質を改善することはよく知られているが、この3要素をたったひとつのガジェットでカバーできるとは驚きだ。

よりコンパクトで持ち運びやすい「sleepion2」。深い呼吸を練習するブレストレーニング機能搭載。19,800円(税別)

 

特に注目したいのは「sleepion2」から導入されたアロマリング

アロマの楽しみ方としてよく知られているものには、キャンドルの炎で温め、熱で香りを拡散させる「オイルウォーマー」、風力や超音波で香りを拡散させる「アロマデフューザー」などがある。どちらもアロマオイルを使用し、火の扱いや機器の掃除に気を配らなければならない。

しかしアロマリングはオイルタイプにつきものの扱いにくさとは無縁だ。パッケージから取り出すと完全解放状態で48時間効果が持続し、密封容器で保存すれば毎日8時間×6日間ほど保つという。

14種類のアロマリング。日中の集中力を高めるには「レモングラス」「ローズマリー」がオススメ

 

五感の中で、感情を司る「大脳辺縁系」にダイレクトに働きかけるのは嗅覚だけだ。この情報伝達の仕組みが感情調節に有効だとして、今「香り」が注目され始めている。

詳しくはこちら 「明るい自分を取り戻そう!「香り」と「笑顔」で即効・イライラ解消」

従来「香りへのアプローチ」は女性のものと思われがちだった。しかし男女どちらでも使いやすいデザインの「スリーピオンシリーズ」なら、性別による障壁を感じることなくアロマを楽しめるだろう。

 

■最新型「sleepion3」お披露目

 

今回の展示では「sleepion」「sleppion2」に続く「sleepion3」もその姿を現した。5分で快眠」がキャッチコピーの最新モデルでは、シンプルで誰にでもカンタンに使えることを目指したという。

釣鐘のようなフォルムの「sleepion3」。コンパクトでありながら安定感を感じさせる

 

これまでのオリジナル音源に加え、一度は聴いたことのあるクラシック曲や自然音を新たに搭載。シリーズ集大成として機能を充実させつつも、税込8,900円という低価格を実現させた。睡眠だけでなくメンタルマネジメントにも有効なガジェットとして注目していきたい。

詳細はこちら↓

自然な音、天然の香り、安らげる光。 快眠サポートツール「Sleepion3」

cheero | あなたの生活をちょっと便利にするコモノたち


→NEXT:5年間洗濯不要!腰痛に効く羊毛シーツ