MENTAL

潜在意識に働く“気づき”  “相手を変える“ための大切な事

「相手を変える習慣力」(著:三浦将)より

Five bulbs on a blue background and one of them is glowing.

相手を変えるには、まずは“気づき”から

何千回を超えるコーチングの経験をしてきた、著者の三浦将氏によりますと、

コーチングというのは大きく分けると 2 つの種類があります。

1 つは、整理するコーチング。

ビジネスコーチングなどでは、この整理するコーチングをよく行います。

整理するコーチングは、クライアントが「本当に何がやりたいのか?」がわかっていたり、

「何が本当の問題なのか?」を正確に把握したりしているケースに行います。

重要なことはわかっているけど、いろいろなことが複雑に絡まり、重要度や優先順位が

わからなくなっているとき、それらを整理し、見える化することによって、

次に何をすべきかが明確になります。

 

もう 1 つは、気付きを促すコーチング。

何千回を超えるコーチングの経験した著者によりますと、ほとんどの人は、

「本当にやりたいことをわかってはいない」、そして「問題を正確に把握していない」

ということのようです。

これがわかっていなければ、先の整理するコーチングも意味がないですし、間違っ

た内容をただ整理するだけになってしまいます。

まずは、自分の中の本当のことに気付くことが大事なのです。

 

“気づき“ができればモヤモヤ、イライラが解消できる!

Profile of a beautiful woman relaxing lying on a couch at home

人によって、気付きは様々です。

「自分はこのことについて、怒りの気持ちでいっぱいだったけど、奥にあったのは、

○○への恐れだったんだ」

「自分が気掛かりだと思っていたことは、××だと思い込んでいたけど、

実は△△だったんだ」

「A さんの仕事への口の挟み方が気に入らなかったけど、実は本当の

意味での協力者だったんだ」

気付きとは、意識の中でわかっていなかったこと、わかっているようでわかっていなく、

モヤモヤしていたことが、明確な答えとして出てくる状態です。

 

自分のことをわかっていない状態というのは、意識化されていない状態。

そのことが、意識下になく、潜在意識に留まっている状態です。

これが、潜在意識から意識(顕在意識)に上がってくることによって、気付きが起こるのです。

 

ishiki

 

気付きとして意識化されることによって、問題が明確になり、スッキリとした気持ちになるのです。

 

気づきによって、”相手をかえる”。 あなたも小さい事から実践してみてはいかがでしょうか?