LIFE

就活生必見!「就活の軸」に取り入れておきたい企業の条件6つ

就活の軸

就活するにあたって、よく聞くのが「就活の軸」という言葉。「自分が仕事をする上で譲れない条件」のことで、自分について外せない条件、企業について外せない条件の二つを組み合わせたものです。

「話すことが好きだから人と関わる仕事がしたい」「得意な英語を生かせる仕事がしたい」などと、自分について外せない条件は多くの人が考えます。自己分析が沢山のサイトで推奨されているのもこの自分について外せない条件を定めるためでしょう。

しかし、企業について外せない条件についてはどうでしょうか? 社会経験の乏しい学生は、多くある企業に対してどのような基準を設けていいのか分からず、自分について外せない条件ばかりを考えてしまいがち……。

そこで今回は発売1週間で5万部を突破した「科学的な適職 4021の研究データが導き出す最高の職業の選び方」から、企業について外せない条件を考えるにあたって必ず知っておきたいことを紹介します。

業界や職種など細かいことを決める前に、仕事の幸福度を決める企業の条件を6つ、見ていきましょう。

 

「就活の軸」に取り入れておきたい企業について外せない条件6つ

【就活の軸】①自由

数ある研究のなかでも、「自由」ほど仕事の幸せを左右する要素はないようです。台湾の研究では1380人の労働者を対象に、次のようなポイントについて被験者が働く会社の自由度が調査されました。

 

◉作業を実行するスケジュールを好きに設定できる

◉タスクの内容を好きなように選ぶことができる

◉収入や社内ルールに好きな意見を言える

 

その結果、こうした職場の自由度が高くなればなるほど被験者の仕事への満足度は上がって離職率は下がり、ストレスが大きな作業をしている間もネガティブな感情にはまりにくい傾向があったのです。

それだけではなく、ロンドン大学公務員を対象に行ったリサーチでは、タバコを吸うけれど会社内の自由度が大きいグループよりタバコを吸わないけれど会社内の自由度が小さいグループの方が慢性病に罹る確率が高い傾向があったそうです。

 

◉時間はどこまで好きに選べるのか?

◉仕事のペースはどこまで社員の裁量にゆだねられるのか?

 

仕事の「自由度」は満足度だけではなく寿命も左右するのです。上のポイントに気をつけて企業を選んでみるといいかもしれません。

 

【就活の軸】②達成

仕事の満足度を高めるには、モチベーションを保つことが欠かせません。近年、科学の世界でも「小さな達成」が仕事のモチベーションを大きく左右することが分かってきました。

ハーバード大学の研究チームは7つの会社から238人のビジネスマンを集め、全員のパフォーマンスの変動を12000時間にわたって記録し続けました。そこで出た結論は、

人間のモチベーションがもっとも高まるのは、少しでも仕事が前に進んでいる時。

というもの。その点を踏まえて、企業を選ぶ上でチェックしておきたいのは次のようなポイントです。

 

◉仕事のフィードバックはどのように得られるか?

◉仕事の成果とフィードバックが切り離されていないか?

 

自分にとってどれだけ楽しそうで、魅力的な仕事でも、きちんとしたフィードバックが得られないとモチベーションは上がりません。

 

【就活の軸】③明確

人間は自分の幸福を他人との比較で決める生き物です。スタンフォード大学が238件の先行研究を精査したメタ分析でも、誰の働きがどう会社に役立ったか、信賞必罰が明確でない企業は社員の死亡率や精神病の発症率が上がると報告されています。

また、信賞必罰の明確さと共に大切なのが、タスクの明確さ。

南フロリダ大学のメタ分析では、「仕事のストレスと健康」に関する先行研究から「どんな職場で働くと体を壊すのか?」という疑問に答えています。

結果、タスクの不明確さは、社員の慢性疲労や頭痛、消化器官の不調と大きな相関がありました。特に悪影響が大きかったのは「仕事で何を求められているかがわからない」と「上からの指示が一貫しない」の2つで、このような職場で働く社員は寝ても疲れが取れず、最終的に頭痛や胃痛などの症状にも悩みやすいようです。

職場探しを失敗しないには、次のようなポイントで「信賞必罰とタスクの明確さ」を事前に確認する必要があるといえます。

 

◉会社に明確なビジョンはあるか? そのビジョンを実現するために、どのようなシステム化を行っているか?

◉人事評価はどのようになされているか? 個人の貢献と失敗を目に見える形で判断できるしくみは整っているか?

 

会社の明確なビジョンが自分の目指したいものと噛み合っているとしたら、その職場は理想的なものだといえるでしょう。

 

【就活の軸】④多様

人間にはどのような変化にもすぐに慣れてしまう性質があります。宝くじで一億円当てようが、夢に見たポジションに昇進しようが、長くても一年ほどで幸福度は過去と同じレベルに戻ってしまいます。

この慣れに立ち向かう唯一の方法は、「多様」という視点です。

 

◉自分が持ついろんなスキルや能力を幅広く活かすことができる

◉業務の内容がバラエティに富んでいる

◉プロジェクトの川上から川下まで関与できるか?

 

テキサス工科大学が約200件の先行研究をまとめたメタ分析によれば、このような条件を満たす職場で働いた場合、仕事の満足度との相関係数は0.45であり、これは先ほど紹介した①自由がもたらす満足度の相関と変わりません。企業について考える際、この「多様」の視点をぜひ取り入れてみてください。

 

【就活の軸】⑤仲間

500万人を対象に行われたアメリカのサーベイでは、被験者の職場における人間関係を調べました。その結果導き出されたのは次のような驚くべき傾向です。

 

◉職場に3人以上の友達がいる人は人生の満足度が96%も上がり、同時に自分の給料への満足度は2倍になる(実際にもらえる金額が変わらなくても、友人ができるだけで給料の魅力が上がる)

◉職場に最高の友人がいる場合は、仕事のモチベーションが7倍になり、作業のスピードが上がる

 

信じられない数値ですが、給料の多さや仕事の他の仕事さなどの要因とは関係なく、社内に良い友人がいるだけでも人生が幸福になるのは確実なようです。

 

◉その組織には、自分に似た人がどれぐらいいそうか?

 

OB訪問やインターンなどでどれだけ自分に似た人がいるか探してみるのも一つの手です。

 

【就活の軸】⑥貢献

2007年、シカゴ大学はあらゆる職種の被験者に仕事の満足度を尋ねました。その結果「最も満足度の高い仕事」のトップ5は以下のようになりました。

 

1位:聖職者 

2位:理学療法士 

3位:消防員 

4位:教育関係者 

5位:画家・彫刻家

 

これらの職業の共通点は一体なんでしょうか? それは、他人への貢献が分かりやすいということです。

脳科学の研究では、社会に役立つ行為をした直後には頭の中にドーパミンがあふれ出すことが分かっています。「自分の行為が他人の役に立った」事実が可視化しやすい職業ほど、幸福度の高い職業と言えるでしょう。

 

◉その仕事がどれぐらい他人の生活に影響を与えられるか?

 

−–いかがでしたでしょうか。これらの条件を頭に入れておくと企業選びの視点が大きく変わってきます。全ての項目を満たした企業を探すことはなかなか難しいですが、自分にとってどの項目が特に大事か考えておくと就活の軸を考えるのに役立ちますね。


『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』(鈴木祐 著)

 

『科学的な適職』(鈴木祐)

職選びの常識を科学的根拠が覆す!

就職・転職・キャリア設計で悩んでいる方へ。

・後悔の少ない意思決定をするにはどうしたら良いのか

・私たちに本当の喜びをもたらす働き方とは何か

・「人生の選択」という正解のない悩みにどうやって答えを出せばいいのか

本書では、これらのベーシックな問いに取り組み、「自分が幸せになれる仕事=適職」を正しく選ぶ確率を上げていきます。

将来やキャリアを不安に思いつつ、なかなか一歩を踏み出せない方へ、「科学」という精度の高い判断軸を提示。曖昧な精神論には頼らない、合理的な職探しを後押しします。

→『科学的な適職』試し読み増量版&特設ページ

【目次(一部抜粋)】

STEP1  幻想から覚める Access the truth ~職業選択にありがちな7つの大罪~

〈大罪1〉好きを仕事にする

〈大罪2〉給料の多さで選ぶ

〈大罪3〉業界や職種で選ぶ

〈大罪4〉仕事の楽さで選ぶ

〈大罪5〉性格テストで選ぶ

〈大罪6〉直感で選ぶ

〈大罪7〉適性に合った仕事を求める

STEP2 未来を広げる Widen your future ~仕事の幸福度を決める7つの徳目~

〈徳目1〉自由

〈徳目2〉達成

〈徳目3〉焦点

〈徳目4〉明確

〈徳目5〉多様

〈徳目6〉仲間

〈徳目7〉貢献

STEP3 悪を取り除く Avoid evil ~最悪の職場に共通する8つの悪~

〈1位〉ワークライフバランスの崩壊

〈2位〉雇用が不安定

〈3位〉長時間労働

〈4位〉シフトワーク

〈5位〉仕事のコントロール権がない

〈6位〉ソーシャルサポートがない

〈7位〉組織内に不公平が多い

〈8位〉長時間通勤

STEP4 歪みに気づく Keep human bias out ~バイアスを取り除くための4大技法~

〔技法1〕10/10/10テスト

〔技法2〕プレモータム

〔技法3〕イリイスト転職ノート

〔技法4〕友人に頼る

STEP5 やりがいを再構築する Engage in your work ~仕事の満足度を高める7つの計画~

仕事の満足度を判断する方法

仕事を最高に変える行動計画

→『科学的な適職 』をAmazonで見る

→『科学的な適職』試し読みする

今、あなたにオススメ