LIFE

センスは才能じゃない!今からセンスを磨く方法|鈴木ふみ奈の『道は開ける』

Written by 鈴木ふみ奈

“センスのいい人”って憧れますよね〜。デザイナーさんやスタイリストさんみたいな職業ってカッコいいし、私たちの仕事や生活のなかでも、服装やインテリア、お店選び、企画やアイデア出しとか、いろんなところで「センス」って問われますよね。

だから本当は「センスいい人」って言われたい。でもセンスって感覚的なものだし、「生まれつきのもの」「限られた人だけが持つ才能」って感じだし……なんて諦めてる方も多いのでは?

今回ご紹介する『センスは知識からはじまる』(著:水野学)は、そんな「センス=生まれつき」論をひっくり返し、誰でも「センスいい人」になれる方法を具体的に教えてくれるんです!

著者は「くまモン」などを手がけた、有名なデザイナー・クリエイティブディレクターの水野学さん。2014年の刊行以来ずっと売れつづけているロングセラーだそうです。

チームラボプラネッツ TOKYOでアートに没入!

そして今回、「センスいい人」になるため、メディアやSNSで超話題の”チームラボプラネッツ TOKYO“に行ってきました!

「Body Immersive」というコンセプトの超巨大な4つの作品空間を中心とした、計7つの作品空間による「水に入るミュージアム」です。水の中を裸足で歩いたり……超巨大な作品空間に、身体ごと没入して、センスを磨いてきましたよ〜! 書評と合わせてその模様もお届けします!!


バックナンバー

◆第1回「4倍以上の仕事をこなし、2倍以上の自由時間を確保する方法

◆第2回「スマホの待受を変えるだけで体調がよくなる?

◆第3回「グラドルの次は起業家or宇宙飛行士? 人生100年時代の可能性は∞

◆第4回「飲み会でポテトサラダと唐揚げを頼むべき理由

◆第5回「たった1つの「習慣」で仕事も生活もすべて変わる!


 

センスは知識の蓄積から生まれる

実は私、大学は芸術学部出身なんですが、「センスがある人」って確かにいましたね。課題とかでも、他とは一線を画すような良いものを出してきたり……そういう人って、独特の視点を持ってるんだなとか、“天からのひらめき”があるのかなとか思っちゃいますよね。

でもこの本は、「センスは知識の蓄積から生まれるもので、誰にでも手に入るものだ」って言うんですよ!

チームラボプラネッツ TOKYOエントランス。新豊洲駅より徒歩1分です!

思い返してみれば……私もともと不器用なタイプで、「センスある!」って言われるようなことはほとんどなかったんです。でも大人になるにつれて、だんだんと言われるようになってきて。それっていろんな経験を積んで、知識を吸収してきたから「センスある」って思われたってことですよね。

ということは、本当にセンスっていうものは特別な才能じゃなくて「つくる」ことができるし、これからもどんどん磨いていけるんだなって思えて、すっごく嬉しかったです。

 

壊滅的だったファッションセンス

どんなことでセンスが磨かれたかというと……たとえばファッション。こないだマネージャーさんに、「出会った当時と今とで服装が全然違う。すごいスピードで洗練されてきてる」って言われたんですよ!

作品と作品をつなぐ通路は薄暗く、「次に何が出てくるのかな?」とドキドキ!
※特別に許可を得て撮影しています

いや、まあ、当時の服装が本当にやばかった。笑

自分でもびっくりしたのが、大学時代、放送学科の人に頼まれて映像作品に出たことがあって、それを見返したら、真っ赤なトレーナーにジーパン履いて、さらに真っ赤なカチューシャしてて!

赤に赤持ってくるあたりやばいですよね。カズレーザーさんぐらいしか思いつかないですもん。笑 サイズ感もまた絶妙で。ほんと歩いてるだけで恥ずかしい格好してるんですけど、今は「これはダサい」ということに気づけるようになりました。笑

館内では常に裸足なので、足裏の感触からも空間を楽しめます!
※特別に許可を得て撮影しています

やっぱりグラビアのお仕事をするようになってから、プロのスタイリストさんが近くにいるので、「柄モノに柄モノをあわせるのはなし」とか、「同じようなトーンで揃えるといい感じ」「逆に真逆の色を合わせると映えるよ」「色は3色まで」とか、そういう情報が自然と入ってくるんですね。それでファッションセンスがマシになってきたんだと思うんです。

 

センス=知識にもとづいて最適なものを選ぶこと

私の専攻は音楽でサックスを勉強してたんですが、音楽でもそういうことってあるんですよ。

たとえば「和音」っていって、同時に鳴らすとキレイにハモる音の組み合わせがあって、「ドミソ」ならドは第1音、ミは第3音、ソは第5音って呼ぶんですけど、「3のとこはちょっとちっちゃめに吹くと良い」みたいなバランスがあるんです。

The Infinite Crystal Universe/チームラボ

それって知ってる人からするとただの「知識」で、ちゃんと理解して実践すればいいことなんですけど、知らないと「あの人の演奏はなんかキレイだな」って、ただ「センスがいいんだ」みたいに思われちゃう部分なのかなって。

The Infinite Crystal Universe/チームラボ
まるで光の迷路。光の立体物の集合体によって表現された宇宙空間が、全方位に無限に広がるインタラクティブな作品。入った瞬間「キレ〜!」とため息が。

だからやっぱり、センスって知識から生まれるんですよね。知識さえあれば、その中から「この曲ならこうする」「こういうシチュエーションならこれが合う」とか、その時々で最適な答えを選ぶことができる。この本には「センスとは知識にもとづいて予測すること」って書かれているけど、本当にそのとおりだと思います。

The Infinite Crystal Universe/チームラボ
青や白、ピンクと、次々に光が変わります。星のような光が駆け抜けていったり、突然真っ暗になったり、宇宙にいるみたい。

なんか、夢がありますよね〜。何事も「あの人はセンスがいいから」って言われると「もう無理! 勝てない〜!」ってなっちゃうけど、「センスは知識なんだ!」って言われれば、「よし、いっぱい勉強して磨いていこう!」って思えるから!

 


→NEXT:最新DVDで”鈴木ふみ奈流”センスを発揮!


About the author

鈴木ふみ奈 

タレント・グラビアアイドル

1990年生まれ。埼玉県出身。オフィスポケット所属。愛称は「ふみにゃん」。
日本大学芸術学部音楽学科サックス専攻卒業。2009年より雑誌グラビアを中心にデビューし、現在はタレント活動10年目に突入。ミス・ワールド・ジャパン2018審査員特別賞受賞。趣味・特技は麻雀、サックス、ピアノ、殺陣、ハイキック。最新DVD&Blu-ray「Golden Smile」好評発売中。オムニバス写真集「世界一えっちなハローワーク」(一迅社)が7月17日に発売。