LIFE

人生100年時代を生き抜くための具体策は「週末起業」|大人の週末起業

Written by 藤井孝一

人生100年時代を楽しく生きるために、今、必要なのは「大人の週末起業」。このシリーズでは、「週末起業」の提唱者であり経営コンサルトの藤井孝一氏とともに、さまざまな実例から大人の人生戦略を学んでいきます。第1回は、「大人の週末起業」立ち上げの理由と、藤井氏自身の人生戦略をご紹介します。

 

人生100年時代の「引退後」、どう備える?

 

近年、「人生100年時代」という言葉がさかんに取り上げられています。「今後、人間の寿命は右肩上がりに延びていき、やがて100歳以上生きるのも当たり前になる」というのです。

そこで浮上してくるのが「引退後」の問題。従来どおり65歳で定年退職するとしたら、その後35年も生きることになります。すごく長いですよね。ただでさえ年金はどんどん先細りしていて、社会保障は当てにできない時代です。当然、それ相応の「備え」が必要になるでしょう。

とはいえ、具体的にどんな「備え」をしたらいいのかわからない——そんな方も多いのではないでしょうか。かくいう私もそうでした。

しかし、試行錯誤の末、たどり着いた解決策があります。それが「週末起業」、つまり「会社で働きながら、週末や定時後の時間を利用してビジネスを立ち上げること」です。

私は2001年に『週末起業』という書籍を出版し、より多くの方に「週末起業」を実践・成功していただくための支援事業に力を尽くしてきました。それを今、定年後の心配を抱き始めた50代前後の方に向けて、新たに提唱したいと思います。名付けて、「大人の週末起業」です。


【お知らせ】2019年5月31日、書籍『大人の週末起業』(藤井孝一/クロスメディア・パブリッシング刊)の刊行が決定しました!


 

 

定年後のための人生戦略=「大人の週末起業」

 

定年後、仕事がないまま数十年も生きるというのは、とても大変です。

収入の問題が第一ですが、それだけではありません。仕事がなければ、極端な話、昼間まで寝ていようが、夜遅くまでお酒を飲もうが、自由です。でも、それだとすぐに体を壊してしまいますよね。やるべきことがなくなれば生活のハリも失われ、外出の機会や人付き合いも減り、メンタル面にも大きく影響が出てきます。それで家族との関係も悪くなってしまった、などの話も聞きます。

私も独立した経験がありますが、「昨日まで行っていた会社に行かなくなる」というのはとても大きな変化なんです。特に私の世代では、「これまで仕事一筋でやってきた」という方が多いので尚更です。

 

そんな引退後の諸問題を解決してくれるのが「週末起業」です。ここで得た収入ややりがい、社会的つながりが、引退後にも強い味方になってくれるはずです。

ただの起業でなく「週末起業」なのは、「在職中」に始めておくのが重要だからです。今まで会社員だった人がいきなり起業するというのは、成功確率も低く、非常にリスクが高いこと。よって、会社にいて確かな収入源とつながりがあるうちに事業を立ち上げ、少しずつ育てていくのがポイントです。

大人の週末起業によって、定年退職後のお金・人間関係・心身の健康・生きがい・家族関係など、全ての不安が自動的に解消されていく——つまり、「定年後のための人生戦略=大人の週末起業」といえます。

 

「定年の日」は絶対に来る、そのために準備をする

 

最初に「週末起業」を考案したのは、いまから約18年前、35歳のときでした。当時、日本の景気はものすごく悪くて、「給料が減るんじゃないか」「リストラされるんじゃないか」「会社が倒産するんじゃないか」と、誰もが不安を感じていました。私自身、バブル採用で会社の調子がいいときに入社したのに、どんどん悪くなっていくのですごく不安でした。メディアも連日「日本経済はおしまいだ」といった内容を報道していて、日本中が不安に包まれていたと思います。

 

そんな中で「会社に依存していてはだめだ」と独立・起業する人もいましたが、うまくいかなかったり、それ以前に「怖くて飛び出せない」という人がすごく多かったのです。そこで、「まずは会社にいながら事業を起こしてみて、うまくいったら辞めればいい」と週末起業を考案し、自ら実践しました。それが成功したので、他の人にもノウハウを伝え、支援していく事業を始めました。

 

当時は時代的に誰もが不安だったので、週末起業はどんどん広がっていきました。ただ、リストラや倒産は100%起きるとは限らないものです。一方「定年退職」は、会社員であれば、誰もが100%経験することですよね。人が死ぬことと同じように、「定年の日」は絶対に来る。そして「大人の週末起業」は、絶対起こることに対して準備をすることだから、無駄打ちになることはないんです。人生100年時代の今、週末起業は誰にとっても重要な備えになっているのです。

 


→NEXT:「普通の週末起業」にはない最大のメリット


About the author

藤井孝一 

経営コンサルタント

経営コンサルタント(中小企業診断士)/株式会社アンテレクト取締役会長

独立・起業を目指すビジネスパーソンに対し、ノウハウ提供やアドバイスなど、実践的なサポートを行う。

特に、かつて「副業」と呼ばれていた「在職中から起業する」スタイルを「週末起業」と名付け、その普及に東奔西走する。

この活動を加速させるため、2003年に「週末起業フォーラム」を創設、1万人を超えるビジネスパーソンが学び、独立・開業を果たす。

さらに、ビジネスパーソンの自立を、教育コンテンツ、パートナーシップ、インフラの面からも支援するために、株式会社アンテレクトを創設、経営を行っている。

著書に代表作『週末起業』(筑摩書房)のほか50冊以上。うち、いくつかは中国、台湾、韓国でも刊行されている。1966年生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。