FOOD

脂っぽいものが食べたいときはデブ菌が増加中!?ヤセ菌を増やす習慣とは

こちらの記事は週刊女性PRIME(運営:主婦と生活社)の提供でお送りします。

Metabolic syndrome

医学博士・藤田紘一郎先生に聞く、ヤセ菌増やし生活のポイントとは

 

“腸博士”こと医学博士の藤田紘一郎先生はこう話す。

「太るのはカロリーだけが原因だけではありません。腸の中にヤセ菌とデブ菌がいることが最近の研究でわかり、ダイエットの成功を左右するのです」

腸の中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌という腸内細菌がいるが、ヤセ菌もデブ菌も日和見菌。日和見菌の中でも善玉菌の味方をしやすいのがヤセ菌で、悪玉菌の味方となるのがデブ菌なのだそう。

「日和見菌のうち悪玉菌を好むフィルミクテス門を多く持っていると太りやすく、善玉菌を好むバクテロイデス門を多くもっていると太りにくいことが明らかになりました。

フィルミクテス門は、本来は排出すべき脂肪の吸収を高めて、ためこみやすくなるので、デブ菌と呼ばれ、肥満の原因に。

一方、バクテロイデス門は、太るのを抑える働きがある短鎖脂肪酸を作り出し、代謝をアップしてくれるため、ヤセ菌と呼ばれています」

 

Newborn Baby Girls Hands Holding Fathers Fingers

人は加齢とともに、デブ菌が増加する!?

 

自分はヤセ菌が多いのか、デブ菌が多いのか気になるところだが、腸内細菌のバランスは、赤ちゃんのときに決まってしまう。

「生まれて1年の間にどれだけ菌を取り入れるかで、腸内に定着する菌の環境が決まり、その後、一生変わることはありません。

最近は赤ちゃんがハイハイをしたときに清潔でいられるよう、除菌を心がけるお母さんが多いですが、殺菌しすぎるのは考えもの。

赤ちゃんのうちにいろんな菌を取り入れることで、免疫力のある腸内環境を作り、デブ菌や悪玉菌の増殖を防いでくれるからです」

もちろん、食事などで腸内細菌のバランスを変えることはできるが、加齢とともにデブ菌が増えることもわかっている。

「若いときのようにダイエットをしてもやせない」という人は、腸内環境が悪化し、デブ菌が増えている可能性が。とくに女性はホルモンの影響で腸の働きが鈍くなって、便秘になりやすいので注意が必要だ。

では、ヤセ菌を増やすには、どういう食生活をすればいいのだろうか?

 

Greek yogurt in a glass jars

ヤセ菌を増やすには発酵食品や食物繊維

 

「ヤセ菌の栄養源となる短鎖脂肪酸(酢酸、プロピオン酸、酪酸など)が含まれる食品を食べるのがおすすめです。

酢の物、フルーツ、ヨーグルト、食物繊維などを取り入れましょう。市販のヨーグルトはそれぞれ菌の種類が違うので、毎日100g程度、2週間くらい同じものを続けてみて、自分に合ったものを探すようにしてください」

腸内で善玉菌が優勢なときは、ヤセ菌が活性化して増えるため、善玉菌が喜ぶものを食べるのがポイント。

「食物繊維がたっぷりの乾物と発酵食品であるヨーグルトの組み合わせも、腸内の善玉菌のエサとなります。なかでも海藻などの水溶性の食物繊維はダイレクトにヤセ菌を増やしてくれます。

実は海藻を食べて、栄養素として消化吸収できる腸内細菌をもっているのは日本人だけ。外国人の場合は、消化吸収せずに体外に排出されることがわかっています。

また、日本古来の発酵食品といえば納豆がありますが、納豆じたいは善玉菌でも悪玉菌でもありません。ヤセ菌がたくさん含まれる日和見菌の塊なのです。善玉菌のために非常によい食品といえますね」

発酵食品もそうだが、古来からずっと食べられてきたものは腸内環境にいい影響を与えてくれるため、ヤセ菌を増やす食生活のヒントになるはず。

一方で、食べ物の好みからもヤセ菌が多いか少ないかがわかるそう。

「デブ菌は肉や揚げ物が大好きなので、脂っぽいものが食べたくなるときは、腸内にデブ菌が増えている可能性があります。やせたい人は、低脂肪、高食物繊維の食事を意識して、デブ菌を減らすようにしましょう」

 

藤田紘一郎(ふじた・こういちろう)
1939年、旧満州ハルビン生まれ。東京医科歯科大学名誉教授。東京医科歯科大学医学部を卒業後、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。腸や水についての著書も多数。

 

当記事は「週刊女性PRIME(運営:主婦と生活社)の提供記事です。