FOOD

え、たったこれだけ!? 飲み会続きでも疲れない秘訣

img_31

二日酔いは避けられる!

朝に集中して仕事を終わらせて、夜は早めに、できれば定時で帰りたい。でも実際は、仕事が終わっていても、「夜のおつき合い」で帰れないということも多いのではないでしょうか? 取引先と意気投合して仕事がスムーズに運ぶようになったり、チャンスがもらえたりといったメリットを考えると、なかなか断りきれないのが現実です。

連日飲み会でグロッキー状態、うまく仕事に集中できない!というときのために知っておきたいのが、次の日にダメージを残さないお酒の飲み方。そう、二日酔いは避けられるのです。

 

img_3-2

「とりあえずビール」の注意点

席につくなり「とりあえずビール!」と口にするサラリーマン。飲み屋でよく見る光景です。二杯目からはカクテルやサワーにするという人も、「乾杯もあるし」「ずっとは飽きるけど最初ののどごしはやめられない」といった理由から、最初の一杯がビールをいう人はかなりいるのではないでしょうか。

さて、まずここで気をつけたいのが、容器の大きさです。二日酔いにならない飲み方その①は、大きなジョッキは避けてグラスで飲むということ。のどが渇いていると、多少量が多くても飲み干してしまうのが人情というものですから、最初から大ジョッキで頼んでしまうと、勢いでぐいっと飲んでしまう危険性があります。個人差にもよりますが、アルコールの摂取量が多ければ多いほど、体への負担は増していくものです。初歩的なことですが、最初から飲みすぎない工夫を施しておくことが第一なのです。

 

img_3-3

お酒の隣には必ずお冷を

二杯目以降を何の工夫もなく飲んでいては、二日酔いになる確率はぐんぐん上がるばかり。アルコールが入りほろ酔い気分になると、ついついもっと飲みたくなってしまうものですが、そうなる前に打つべき対策があります。

二日酔いにならない飲み方その②は、ズバリ「水」を飲むということ。意識的にお冷を横に置き、ビールなどのお酒と交互に飲むようにするようにするのです。

理由はアルコール代謝の仕組みにあります。体内でアルコールを代謝するとき、大量の水分を必要とされるため、水分をとらずに濃度の濃いアルコールをガブガブ飲むと代謝に時間がかかり、アルコールが次の日まで体内に残ってしまいまうのです。

睡眠をしっかりとることでその日の疲れがとれるように、水分をしっかりとればそれだけアルコールが体から抜けていく。シンプルですが、これこそが、二日酔いにならない秘訣と言えるでしょう。

ですから、飲みの席で意識的に水を飲むようにすることは極めて大切です。お酒の隣には必ずお冷をセットでおいて置き、たとえば最初の一杯でビールを飲んだら、次のお酒に移る前にそのお冷を飲むようにするのです。目安としては、アルコール1杯ごとに1杯の水をはさむのが良いでしょう。お酒を飲んだら次はお水、そしてまたお酒を飲む。こうして血中のアルコール濃度を下げていくのがポイントです。お冷ばかり飲んでいるのも気が引けるという方には、ノンアルコールビールもおすすめです。

 

img_3-4

おつまみはなるべく薄味で

最後に気をつけたいのはおつまみです。いくらグラスとお冷で工夫しても、おつまみ選びで気を抜いてしまっては効果が半減してしまいます。というのも、おつまみの味が濃いと、お酒が余計に進んでしまい、せっかく間にお冷を飲んでも追いつかなくなってしまうのです。

とくに塩辛いもの、しょっぱいものには注意しましょう。塩分を摂ると体が水分をためやすくなるのでむくみの原因になります。

さらに、そもそもアルコール自体が高カロリーな代物ですから、味の濃い、塩辛いおつまみばかり食べていては肥満にもつながります。「え、お酒って液体なんだからそんなにカロリー高くないでしょ?」と思った方のために、カロリー一覧を記載します。

 

・アルコール1g=7kcal

・日本酒1合180ml=180kcal

・ビール中瓶1本500ml=200kcal

・ワイン1杯120ml=100kcal

 

おにぎり約1個分(100g)のご飯が168kcalということを考えると、ロング缶1本のビールだけでおにぎり約1個半分のカロリー以上を摂取していることになるわけです。ちなみに、梅酒などの甘いお酒やリキュールは砂糖の分のエネルギーがプラスされるので、さらに高カロリーになります。

 

二日酔い対策だけでなく、むくみや肥満を防ぐという観点からも、おつまみはなるべく低カロリーで薄めの味付けのものを選ぶようにしたいものです。自分に選択権のあるときには、おつまみにも考慮してバランスをとるよう心がけてみてください。

 

関連書籍のご案内

記事の内容をさらに知りたい方はこちらの本をお読みください。