FOOD

糖質50%オフ!最新完全食ベースラーメンを作ってみた|食べてみたシリーズ

食品に技術革新の波がきている今、「完全食」(=一品で必須栄養素を完全に摂れる食品)が盛り上がっています。「自炊する時間がない」「栄養バランスを考えるのは難しい」……そんな悩みを、極限までミニマルになった食事が解決してくれるかもしれません。 本連載「食べてみたシリーズ」では、様々な新食品を徹底検証。調理過程や実食レポで、その実態に迫ります。


前回の「COMP」に引き続き、話題の完全食をピックアップします!

 

「脂っこい」「手軽だけど太る」というイメージがあるラーメン。罪悪感に苛まれながら食べる夜中のラーメンは美味しいものです。しかし、「健康にいい」ラーメンがあるとすればどうでしょうか。

今回取り上げるのは2018年12月に発売されたばかりの「BASE RAMEN」。すでにヒット商品を持つベースフード社の新たな完全食を実食し、お手軽さと健康への配慮が両立するかを検証します。

BASE RAMENとは

ベースフード(BASE FOOD)が2017年2月に発売したBASE PASTAは「手間をかけずに栄養バランスのいい食事をとりたい」という需要に応えて作られた完全栄養食。10種類以上の食材を練りこんだブレンド麺を使用し、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなど 31種類の栄養素を1食で摂取することができます。
BASE RAMENはこのBASE PASTAの麺をラーメンとしても味わえるようにした新商品。麺類でありながら糖質50%オフ、カロリーも341キロカロリーと、ラーメンの「高カロリー・高糖質」なイメージを覆します。

 

一食分の栄養素基準値を軒並みクリアするBASE RAMEN。摂りすぎやすい炭水化物は控えめになるよう調整されている

 


◆「新発売、罪悪感のないラーメン | BASE RAMEN」(BASE FOOD)


 

BASE RAMEN おためしセットを作ってみた

 

2018年12月10日は「BASE RAMEN お試しセット」(980円)の発売日。ビジネスライフ編集部員もさっそく注文し、数日後に以下の4点が届きました。

 

お試しセット内容

・BASE PASTA® 2袋(細麺)

・ラーメン凪監修 すごい煮干しスープ

・こってり濃厚 豚骨醤油スープ

・BASE PASTA®スタートガイド

 

はじめてベースフード商品を注文した筆者が驚いたのは、そのシンプルなパッケージ。成分表示と商品名だけが書かれ、余計な情報は一切ありません。「PASTA」と表記されていますが、付属のスープはラーメン用。従来のBASE PASTAをスープでアレンジしたものがBASE RAMENのようです。

 

お試しセットのラーメンスープは20種類以上の煮干しを独自ブレンドした「ラーメン凪監修 すごい煮干しスープ」、ベースフードオリジナルの「こってり濃厚 豚骨醤油スープ」の2種類。まずは人気ラーメン店監修の「すごい煮干しスープ」から食べてみます。

 

BASE RAMEN 調理過程

 

①BASE PASTAを沸騰したお湯で1分間茹でる

 

 

②「すごい煮干しスープ」たれを240ccのお湯で希釈する

 

③BASE PASTAとスープ、煮干し粉末をどんぶりに入れる

 

調理時間約3分、即席麺のような手軽さでBASE RAMENが完成しました!

具沢山なラーメンにするにはトッピングを自分で用意する必要があります。BASE PASTAとスープだけではシンプルすぎたので、今回は海苔を追加。

実はラーメンと名のつくものを食べるのは数年ぶりの筆者。近年の糖質制限ブームに影響され、麺類から遠ざかっていたのです。ラーメンスープに油が浮かんでいるこの感じ、懐かしささえ感じます。褐色の麺に煮込みそば感を感じますが、肝心の味はどうでしょうか。

 

 「すごい煮干しラーメン」実食

麺をよく見てみると筋が入っていて、麺にスープが絡むよう工夫されているのがわかります。

まずは一口。味の感想は……

 

「食べごたえがあって美味しい!」

 

チアシードなどを練り込んでいるだけあって、麺1本1本に密度の高さを感じます。歯を麺にあてたときの抵抗感、もちもちの食感に驚かされました。

煮干しスープは意外にさっぱりとした印象。BASE PASTAはどろっとしたスパゲティソースだけでなく、サラッとしたラーメンスープにも合うようです。残念だったのは撮影に時間がかかり、スープが少しぬるい状態で実食してしまったこと。アツアツ感の麺を啜るのはラーメンの醍醐味ですよね。

 


→NEXT:100均アイテムでさらに時短調理!