FOOD

プチファスティングで寝起きスッキリ!デトックスのススメ|ZERO GYM通信

Written by Aya

クリスマスに忘年会。イベント尽くしの年末はついつい食べ過ぎ、飲みすぎがち。

年末は毒素も溜まりに溜まっている時期ではないでしょうか。

心身共に今年の毒は今年の内に出しましょう!

皆様こんにちは。疲労回復専用ジム・ZERO GYMインストラクターのAyaです。

 

ということで(?)

先日プライベートで厳島神社に開運厄払いに行って来ました。

本殿へと入り、厳かな雰囲気の中贅沢な時間を過ごすことができました。

綺麗な紅葉を見て、心の中をデトックス

 

そして、デトックスと言えば・・・

 

体内のデトックスもとっても大事ですよね。

 

実は厳島神社に行く前に、3日間のプチファスティングにチャレンジしていました。

そうです。全てをクリアな状態で迎えたかったのです・・・!

 

本来ファスティング(断食)とは「完全な絶食」を指しますが、

今回はマイルールを設けて、無理なく行いました。

 

ルールをご紹介。

・1日1回好きな食事をする(必ず野菜を入れる・野菜から先に食べる)

・食事は18時までに済ませる

・その他の食事はスムージーに置き換える

・間食はせず、水または酵素ドリンクでしっかりと水分補給

気になるのが【効果】ですよね!

 

私の場合ですが、体重は-3キロ減に成功しました!

 

そして、一番効果を感じたのは、寝起きのスッキリ感です。

寝る前や遅い時間に食事をしてしまうと、

食べたものを消化する働きで体が休まらず、睡眠の質が落ちてしまうそうです。

これではいくら寝ても疲れが取れづらくなってしまいますね。

私も、夜11時くらいに食事してしまった日など、翌日身体が怠く、

朝起きるのがつらいことがありました。

それが、デトックスを始めた初日からスッキリ目が覚めるようになり、

より気分良く1日を過ごせるようになりました!

そして、身体の変化を実感すると共に

自然と身体に良いものを摂ろうという意識に変わりました。

 

最後にもう一つ、「今まで余計なものを食べすぎていた」と言うことに気づきました!

恥ずかしながら、夕食はお米2合と大量のから揚げを平らげ、

デザートは大好きなコンビニスイーツやアイス。

お腹が膨れ「もう食べられない」となるまで食べていました。

更に昼食をとりながら、夕食のメニューを考える食欲旺盛っぷり!

自他ともに認める大食いな私が、この問題に気付いたのは

大きな一歩な気がします。

「現状への気づき」が変化への一番の近道ですからね。

 

更に、プチファスティング中も

ZERO GYMインストラクターとして

疲労回復プログラムのクラスを担当して、

身体を動かしていたため、

心地の良い疲労感で入眠もスムーズ

 

「眠れない」や「目覚めが悪い」、「なんだかお腹が減った、もっと食べたい」などの

日常生活のストレスがなくなり心身共にとても好調でした。

 

個人差はあると思いますが、

デトックス効果おそるべし!!

 

 

2018年を最高の体調で締めくくり、2019年に繋げられるよう

心身のメンテナンスをしっかりとおこなっていきましょう!

 

 

《東京・丸の内で疲労回復体験》2019年にスタートダッシュをかけよう! 

マインドフルネス×フィットネスで脳と体のベストコンディションを作る!

2019年1月17日(木)19:00〜、「ZERO GYM疲労回復プログラム体験会」を東京・丸の内で開催します。

【イベント詳細・参加方法】Peatix http://ptix.at/bcT3HZ

お正月太り解消にもおすすめです。奮ってご参加ください!

Aya
身体と心の繋がりに興味を持ち、ヨガをはじめる。その後ニューヨークに渡米し、インストラクターの資格を取得。自身の怪我を通し、より身体についての知識を深め、アスレティックリハビリテーションを学ぶ。その経験を活かし、現在もプロアスリート向けにパーソナルヨガを指導。2018年より、疲労回復専用ジム・ZERO GYM(ゼロジム)のインストラクターとして指導を行っている。

 

About the author

Aya 

ZERO GYMインストラクター

身体と心の繋がりに興味を持ち、ヨガをはじめる。その後ニューヨークに渡米し、インストラクターの資格を取得。自身の怪我を通し、より身体についての知識を深め、アスレティックリハビリテーションを学ぶ。その経験を活かし、現在もプロアスリート向けにパーソナルヨガを指導。2018年より、疲労回復専用ジム・ZERO GYM(ゼロジム)のインストラクターとして指導を行っている。