FOOD

ダイエット中にお菓子を食べても痩せられる!?がまんは逆効果

「なぜあの人は、夜中にラーメン食べても太らないのか?」(著:道江美貴子)より

お菓子を食べてダイエット中に息抜きをしよう!

ダイエット中でもお菓子を食べたい!

ダイエット中にお菓子を食べるなんてとんでもない!って思っていませんか。でも実際にユーザーにアンケートを行ってみると、ダイエット成功者でも意外なほどにお菓子を食べているということがわかりました。いい食生活を続けるためには、我慢のしすぎがかえってよくないのです。

お菓子を食べ過ぎればカロリーオーバーになってしまいますが、適度に食べるだけならば、心に充足感が生まれるため、プラスの方向に働いてくれます。食べる量と内容に気をつけて、うまく息抜きをするほうがだんぜんお得なのです!

ダイエット中のお菓子の食べ方、6つのポイント

お菓子が食べたくなるダイエット中の一コマ

①1日150キロカロリー程度を目安にする

お菓子などの間食は1日の摂取カロリーの10%くらいが適正です。通常ですと200キロカロリーくらいが目安でしょう。ただしダイエット成功者の平均は、1日150キロカロリーていどでした。ベストな体型を維持するためにはちょっと控えめにすることがポイントです。

150キロカロリーくらいのお菓子には、つぎにあげるようなものがあります。

・板チョコ3分の1?4分の1(アーモンドチョコならば3粒くらい)
・クッキー2枚
・スナック菓子4分の1袋
・みたらし団子1本
・せんべい2枚
・水ようかん1個

このほか、お菓子についているカロリー表示を参考に、食べるお菓子の種類と量を考えて食べるようにすると良いでしょう。

②太りにくい「ゴールデンタイム」に食べる

ビーマルワン」という脂肪を溜め込む働きをするたんぱく質があります。「ビーマルワン」は、時間帯によって分泌量が変わります。分泌が一番少ない時間帯は10時から15時ころなので、食べたものをなるべく脂肪にかえないためには、このくらいの時間にお菓子を食べるのがベストです。「3時のおやつ」という習慣は、ダイエットにも効果的というわけなのです。

反対に、ビーマルワンの分泌量が多くなる22時以降にお菓子を食べるのは避けるようにしましょう。食後、遅い時間のデザートはなるべく我慢して、次の日の楽しみにとっておくようにしてください。

③お菓子以外のもので代用するのもアリ

甘いものが食べたくなったら果物やドライフルーツがおすすめ

ダイエット成功者は、栄養豊富なお菓子を選んだり、お菓子ではない甘いものを代用したりと、食べるものの選び方も上手です。たとえば次にあげるようなものをダイエット中は食べるようにすれば、おいしいうえに栄養もとれて一石二鳥となります。

・干しいも・甘栗
最近、コンビニやスーパーで手軽に手に入るようになった干しいもや甘栗は、食べごたえが十分なわりにカロリーが低く、食物繊維が豊富な優秀食品です。

・寒天ゼリー・こんにゃくゼリー
海藻からつくられる寒天や、こんにゃくいもからつくられるこんにゃくは食物繊維が豊富です。さらにゼリーはどれも比較的低カロリーですが、ゼラチンを使ったものより寒天ゼリーやこんにゃくゼリーのほうが、さらに低カロリーなので安心して食べることができます。最近ではどのコンビニにも寒天ゼリーがそろっているので利用してみてはいかがでしょうか。

・ドライフルーツ・果物
ドライフルーツ鉄分・カルシウム・食物繊維などの栄養も豊富に含む優れものです。甘味も強く歯ごたえもあるので満足感も得やすいでしょう。バナナやみかんなど、すぐに食べることのできる生の果物をおやつ代わりにするのもOKです。

・ヨーグルト
乳製品のヨーグルトならば、不足しがちなカルシウムもとれて一石二鳥です。ダイエット中のおやつの定番でしょう。


→NEXT:ダイエット中のお菓子の食べ方、残り3つのポイントとは?