FITNESS

クラブさながらの照明・音響空間で鍛え狂う! 世界が熱狂する話題の新感覚フィットネス「Les Mills」とは?

ランニング、ジム通い、筋トレ……と、コンディション・体型維持のために常日頃から鍛えてはいる。けれど、最近ちょっとサボり気味。そんな人におすすめなのが、今、世界的に大流行しているニュージーランド生まれのフィットネスプログラム「Les Mills™(レズミルズ)」。
すでに見聞きしている人もいるかもしれないが、日本ではまだまだベールに包まれた存在だ。聞くところによると、まるでクラブにいるかのような感覚で、楽しく効果的に体を鍛えることができるらしい。そんななか、レズミルズの人気プログラムを体験できるフィットネスイベントが東京・渋谷で開催されるという情報が……! 本イベントで世界初公開となる新プログラムもあると聞き、さっそく現場に向かった。

 

最新フィットネストレンド、レズミルズが日本上陸!

参加したのは、2017年11月18日(土)に行われたLes Mills Live  Tokyo 2017(レズミルズライブ東京2017)。グローバルフィットネス ライフスタイルブランドのReebok(リーボック)と、世界112ヶ国でグループフィットネスプログラムを提供するレズミルズインターナショナルLtd.(本社:ニュージーランド・オークランド)が共同で開催する、世界最大級のフィットネスイベントだ。
これまでパリ、ロンドン、アムステルダム、ドバイ、上海など世界の主要都市を巡り開催され、ついに日本へ上陸。最新フィットネストレンドを体感しようと、述べ4200人が一堂に会した。

世界を虜にするレズミルズプログラム

レズミルズは、全世界112カ国15,000を超えるクラブで導入されているプログラムで、現在135,000人以上のインストラクターによってユーザーへの指導が行われている。レズミルズライブの最大の特徴は、まるでクラブにいるかのような照明と音響、そして科学的に裏付けされ、効果的に体を鍛えることのできるユニークな振付だ。

例えばこちらは人気プログラム「BODYJAM™(ボディジャム)」の様子。ステージにいるのは今流行りのダンスユニット……ではなく、レズミルズを代表する凄腕トレーナーたち。一瞬、人気アーティストのライブ会場にでも迷い込んだかのような錯覚に陥る。

ハウスやヒッピホップといったエレクトロニクスダンスミュージックに乗って体を動かすうちに、気持ちも高揚。本当にクラブで踊っているかのような高揚感を味わえる。

ボクサーや格闘家になった気分でパンチやキックを繰り出す「BODYCOMBAT™(ボディコンバット)」も人気だ。「これに出合ってレズミルズにハマった!」という人も少なくないという。

リズムに合わせて思い切りフックを決める参加者たち。光る汗、弾ける笑顔……とにかく熱気がすごい!

レズミルズのプログラムはすべて3か月に1回という短いスパンで更新されるため、ユーザーは飽きることなく常にノリノリでワークアウトを楽しむことができる。ステージ上のトレーナーをお手本にしつつ、多彩な振付に夢中でトライするだけで、ものによっては1時間に約500~700キロカロリーの消費が可能だそうだ。

世界初公開の新プログラム「LES MILLS BARRE」を体験!

当日行われた全12プログラムのうち今回BUSINESS LIFE編集部が体験したのは、本イベントで世界初公開となった新プログラム「LES MILLS BARRE™(レズミルズバー)」! 伝統的なバレエエクササイズをモダン音楽と融合させた30分間のワークアウトで、引き締まったボディ、整った筋肉、強いコアを目指すことができるという、注目のプログラムだ。

バレエはゆったりとした動きが特徴だが、実際にやってみるとこれが意外にしんどい! バレエの基本姿勢を組み込んだカーディオ系トレーニングから始まって、軽量のウェイトを用いた応用エクササイズ、最後はバレリーナのようにくるくるっと回転技にトライ……と、充実のプログラムに汗が噴き出す、噴き出す。ここではその中身を、主だった部分に絞って紹介する。

序盤はバレエの基本姿勢をアレンジしたエクササイズを中心に行う。上の写真は「プリエ」の体勢から、上半身だけ大きく伸びるという動き。太もも、足首にじわじわと圧がかかる。

同じく基本姿勢「アラベスク」からの、バレリーナ気分で華麗にジャンプ。一連の動きを左右交互に高速で繰り返し、脂肪を確実に燃焼させていく。体幹が徐々に消耗してきているのを感じながらも、ぐらつきをなんとか抑える。

会場の熱気を受けてステージ上のトレーナー陣も一気にヒートアップ! 「KEEP SMILING!」と声高に叫びながら、さらにしんどい姿勢をやってのける……

プログラム後半は軽量ウェイトを使用。バレエの基本姿勢に重さという負荷を加え、疲れた体に追い討ちをかける。

この他、床に寝転びヒップアップトレーニングをする場面もありつつ、クライマックスはバレリーナのように華麗に回転! 美しく完璧なフォームを決めるのはなかなか難しいけれど、なんだか楽しい。周りを見れば、右へ左へ、皆夢中になってくるくるとやっている。こんなふうに今までやったことのないポーズや動きを楽しめるのも、レズミルズプログラムの醍醐味だろう。

CEOに直撃インタビュー

会場には、レズミルズグローバルマーケットCEO、Keith Burnet(キース・バーネット)氏の姿も。レズミルズプログラムの魅力から今後の展望まで、直接お話を伺った。

Q.今日のライブはいかがですか?
A.最高にエキサイティングですね! 1クラス600人という規模の人たちが一緒にワークアウトをしている風景は本当に圧巻です。今日のイベントが、レズミルズファンの皆さんにとって、これからずっと素晴らしい思い出になってくれたら嬉しいです。

Q.レズミルズプログラムがこれだけ人々を魅了する理由はどこにあると思われますか?
A.1つ目は、インストラクターの育成に力を入れていること(おそらくフィットネス業界で随一!)。彼らの質を高めることで、プログラム参加者を最高の結果に導くことができていると自負しています。2つ目は、最高の音楽を使っていること。可能な限り、原曲をそのままプログラムで使用するようにしています。大手レコード会社と良好な関係を築いているので、最新のベストな音楽を世界中から集めることができるのです。そして3つ目は、科学に基づいたフィットネスを提供していること。各プログラムとも、専門家のみならず科学者によりテスト、研究され、楽しみながらも結果を出せるようにつくられています。これらすべてがエクササイズに対するモチベーションを高め、今日では日本の600箇所以上のクラブ施設で4000人を超えるインストラクターが活躍するまでに成長しています。

Q.日本マーケットにおける今後の展望は?
A.日本にレズミルズプログラムが導入されたのが1998年。その後しばらく大手フィットネスクラブが代理店となっていましたが、2016年9月Les Mills Japan(レズミルズジャパン)が設立されました。日本でのグループエクササイズ拡大と、その重要性を伝えるべく、Stuart Farrell(スチュアート・ファレル)CEOを中心にチームとして挑戦を続けていきます。

気になる体験方法は?

レズミルズプログラムを受けられる主なクラブ施設は次の通り。気になった人は、自宅や会社近くの店舗を探してみよう。

・コナミスポーツクラブ
・ジェクサー
・ジョイフィット
・ダンロップスポーツクラブ
・東武スポーツクラブ
・ドゥスポーツ
・エイム
・スポーツアカデミー
※受けられるプログラムは店舗ごとに異なります

新プログラムのLes Mills BARRE™については、次の2店舗で2018年1月から導入予定とのこと。ひとり黙々と励むトレーニングに飽きたら、一度トライしてみてはどうだろうか。

・ジョイフィット(新所沢店)
・ダンロップスポーツクラブ(おおたかの森店)
・ドゥミルネサンス(新橋銀座店)


◆レズミルズプログラムの詳細・店舗検索はこちら
Les Mills Japan(レズミルズジャパン)
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6
第21荒井ビル4F
TEL: (03)6890-2466
FAX: (03)6890-2455
https://www.lesmills.com/jp/