FITNESS

最強の”姿勢矯正ポーズ”に挑戦!ZERO GYM(ゼロジム)の猫背改善プログラムを体験してみた

猫背」の悪影響は計り知れない。見た目が悪いだけでなく、首・肩こり、腰痛、疲れやすくなる、集中力が下がるetc…デメリットの塊だ。そこで、疲労回復ジム・ZERO GYM(ゼロジム)は、姿勢矯正のための「超『姿勢』力クラス」をスタート。「あるポーズ」を目指す過程で、歪んだ骨や関節、凝り固まった筋肉を本来のポジションへ戻し、猫背を改善するのだ。果たして猫背は治るのか? 編集部員によるレポートをお届けする。

※「疲労回復クラス」の体験レポートはこちら→「日本初の「疲労回復ジム」ZEROGYM(ゼロジム)を体験してみた。ストレッチ×マインドフルネスで”最高の脱力”!

※「朝瞑想クラス」の体験レポートはこちら→「朝日の中でストレッチ&瞑想!朝活 in ZERO GYMで寝起きの脳を覚醒させよう

まずは現状把握から

ZERO GYM(ゼロジム)は渋谷区千駄ヶ谷駅から徒歩5分。まず、インストラクターの松尾さんから簡単な説明を受ける。今回の姿勢矯正プログラムは書籍「超『姿勢』力」(著:ZERO GYM)をベースにしており、最終的に「とあるポーズ」を達成することを目標にしているとのこと。

ではプログラム開始!……の前に、自分の現在の姿勢を確認する。カメラやスマートフォンを持参すると、レッスン前・レッスン後で比較写真を撮影してくれるそう。編集部員も柱の前に立ち、普段の立ち姿を撮影してもらった。

デスクワークばかりの編集部員。首や肩が丸まって前に出ている。

こちらも、同じく首や背中が丸まっている。

 

首のコリや肩の丸まりを実感するストレッチ

現状を確認したところで、いよいよ姿勢矯正プログラムがスタート。

※特徴的な動きを抜粋してお届けします。また、実際のプログラムでは、インストラクターが体を痛めないよう配慮しながら誘導していきます。

まずは首コリ解消ストレッチから。現代人には、パソコンやスマホのやりすぎで首が前に突き出ている人が多いという。松尾さんのお手本通り、肩甲骨を寄せながら首を傾けて伸ばすと、凝り固まった首筋がじんわりほぐれていく。

続いて肩のストレッチ。前かがみになって腕を掲げると、丸まっていた肩がググッと開かれる。腕を高く掲げるのがなかなか難しく、肩の可動域が狭くなっていることを実感させられた。


今度は、四つん這いになってお尻を突き上げる「イルカのポーズ」。肘を支点として首・肩・背中・腰をまっすぐ一直線にしていくが、これがなかなか大変。松尾さんのお手本には程遠いものの、なんとか後背部を伸ばし切った。

 

見過ごされがちな下半身やインナーマッスルも鍛えられる!

「姿勢矯正」というと背中や肩、首にばかり注目しがちだが、実は”下半身”を鍛えることも重要。なぜなら、股関節を柔軟にすることで骨盤を正しく立てやすくなり、足腰を鍛えることで、地面をしっかり踏みしめて立ったり歩いたりする力が鍛えられるからだ。

さらに、目に見える筋肉だけでなく、骨の固定や関節の調節などの役割を持つ”インナーマッスル”を鍛えることも欠かせない。

ZERO GYM(ゼロジム)の姿勢矯正プログラムでは、下半身やインナーマッスルもしっかり鍛えていく。

うつ伏せになって上体をそらす「コブラのポーズ」は、前もも、腰、背中のトレーニングだ。デスクワークで疲れた腰にほどよい刺激が加わり、気持ちがいい。

体を直角に曲げる「直角トレーニング」では、脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を鍛える。脊柱起立筋とは背中の中心を縦に走るインナーマッスルのこと。少々きついが、姿勢矯正には欠かせない上、腰痛や体幹トレーニングにも効果があるらしいので、じっと耐える。

前足に重心をかけて沈み込む「ランジのポーズ」で、今度は股関節と前ももにアプローチ。さらにひねりを加えて、体幹や背中回りも鍛えていく。

 

ゴールは”最強の姿勢矯正ポーズ”

終盤、膝立ちになって背中をそらす「ラクダのポーズ」で内腿や腰、胸を鍛えると、縮こまっていた胸がグッと開かれていく。

……ところでこのポーズ、何かに似ていないだろうか?

そう、ブリッジである!

ZERO GYMの姿勢矯正プログラムでは、最終的に「きれいなブリッジができるようになること」を目標とする。なぜなら、ブリッジを目指す過程で、大腰筋や腹横筋などのインナーマッスル、手足や股関節の柔軟性、肩甲骨のズレの改善」など、姿勢矯正に必要な要素をバランスよく得られるからだ。

いざ挑戦してみると、全身をプルプル震わせつつもなんとかブリッジのポーズをとることができた。プログラムによって、全身を十分にほぐして刺激した成果だろうか。

 

瞑想・脱力で疲労回復効果も

体を動かして体をほぐし、血流をよくしたら、瞑想タイムへ。

暗くなったスタジオで静かに呼吸し、脳にかかったプレッシャーをゆるめていく。

最後は毛布にくるまって横になり、全身の力を抜く”脱力”タイム。すっかり眠りに落ちる人もいたほどの、”最高の脱力”(ZERO)の感覚を味わうことができた。

 

まとめ:日々の意識やコンディションまで変わる!

さて、プログラム終了後、姿勢に変化はあったのか? 効果検証とともに、体験を通して感じられたメリットをまとめた。

 

果たして効果は……?【Before/After】

体験前と同じ柱の前に立ち、再び姿勢を撮影。果たして効果は……


首・肩周りに注目! 胸が開き、首・肩が後ろに引かれ、まっすぐに立てている。前傾して縮んでいた首も伸びている。

こちらも差が歴然! ぐっと首・肩が引かれ、後頭部や肘の位置もまっすぐに。さらに、引き締まって見える効果も。

 

その場限りの効果にあらず!普段からの意識が変わる

しかし、一つ懸念がある。プログラム終了後は姿勢が改善されたとして、時間が経てば元に戻ってしまうのではないか?

確かに、姿勢は一時的に矯正しても、時間が経てば元に戻ってきてしまうもの。しかしZERO GYMでは、自分の関節や筋肉をほぐしてしっかり鍛えていくので、普段から正しい姿勢を保つ力が身についてきます。さらに重要なのは、このプログラムを通して普段使われていない箇所を刺激し、自分の体がどのように歪み、どこが凝り固まっているのか”気づく”ということです。すると、日常生活の中でも、ふとした瞬間に自分の姿勢がどうなっているか”気づく”ことができるようになります」(松尾さん)

その言葉通り、その後の生活の中でも「姿勢への意識が変わった」という実感がかなりあった。ふとした時に肩甲骨のコリに気づいて寄せる動きをしてみたり、肩や首が前のめりになっているのに気づいて後ろに引いてみたり……プログラムで刺激した箇所を意識することが格段に増えたのだ。

 

「ブリッジ」という目標がわかりやすく挫折しない

プログラムのベースとなった書籍「超『姿勢』力」(著:ZERO GYM)では、ブリッジこそ”姿勢矯正パーフェクトポーズ”であると説く。

実際にブリッジに挑戦したことによって、普段は丸まっている肩や背中が思い切り反らされ、「ここの筋肉や関節がこわばっているのか……」ということが体感でわかった。「もっとスムーズに、きれいなブリッジを維持できるようになれば、それらも解消されるかもしれない」と期待が高まる。ブリッジという単純明快な目標があれば、モチベーションも維持しやすいので続けられそうだ。

 

疲労回復にもなり仕事の能率アップに!

「超『姿勢』力クラス」は姿勢矯正に特化したプログラムだが、通常の「疲労回復クラス」と同じく、最後に「マインドフルネス・瞑想」と「脱力」のステップがある。普段のストレスやプレッシャーをリセットさせて疲労回復効果も得られるので、仕事帰りにもオススメだ。

さらに、姿勢改善自体にも疲労を軽減する効果がある。姿勢の悪さは、心身のコンディションに大きな影響を及ぼすからだ。その影響をざっと挙げただけでも以下の通り。

  • 肩こり、腰痛
  • 代謝が落ち、太りやすくなる
  • 集中力が低下する
  • 疲れやすくなる
  • 冷え性、肌荒れ、顔のたるみ
  • やる気や自信の喪失
  • ストレスに弱い

これらが改善されれば、普段から疲れにくい体になり、仕事の能率も上がるという効果も期待できるだろう。


このような方におススメ!

ZERO GYM公式サイトより

  • 猫背を治したい
  • 姿勢が悪いのが悩み
  • 仕事でPCをよく使う
  • 肩こりがある
  • 腰痛がある
  • 呼吸が浅い
  • スーツを格好よく着こなしたい
  • 人前で話す時の姿勢を良くしたい

パソコンやスマートフォンなしには生活できない現在のビジネスパーソン。慢性的な不調があるとしたら、姿勢のせいという可能性も。「超『姿勢』力クラス」で姿勢チェック&改善プログラムを受けてみてはいかがだろうか。

ZERO GYM(ゼロジム)
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷 4-20-3 東栄神宮外苑ビル 8F
料金:8000円/1回(ドロップイン)
※お得な月会費制コースや、初回体験キャンペーンなどもあり。
※「超『姿勢』力クラス」は、四十肩、ヘルニア、その他体の不調をお持ちの方はご受講いただけません。
※不定期開催のクラスとなります。
▼詳細・お申し込みはZERO GYM公式サイトから。

今、あなたにオススメ