FITNESS

心身を壊したアラサー女子を救ったのは「筋トレ」|婚活より筋活〜外資系OLナナコの美マッスル日記〜

はじめまして、外資系IT企業でデジタルマーケティングを担当している古渡奈々子(32歳)です。

2016年の夏、初めて身体の美しさを競うコンテスト、金子賢さん主催の「Summer Style Award」にチャレンジしました。

東京予選大会ではTop10にも入れなかった私が、全国大会では予選審査を通過しTop6になり、その後の11月の大会では順位を上げ、4位で入賞することができました。

学生の頃は運動を全くせず、体育の成績は2という私が30過ぎてこのような大会を目指すことになったきっかけと、日々の生活の中で行っていることなどを運動だけでなく、食、ファッション、ライフスタイルなど様々な視点でお伝えしていきます。

第一回目は、きっかけ編です。少し長いですが、お付き合いください。

 

20代最後のチャレンジ

 

先ほどお伝えしたように、私は運動大嫌いでした。だって、疲れるし、時間もかかるし、いいことなくない?という感じで、ジムでのトレーニング、フィットネスとは無縁でした。

ターニングポイントは29歳のときです。

社会人になってから私はお酒と不摂生でブクブク太ってしまい、28歳のときに置き換えダイエットと痩身エステで5kgほど痩せました。ですが運動はしていなかったため、引き締まった体、筋肉がベースの体ではなくお尻も垂れてたるんだままで、すぐにリバウンドしました。そこで周りの人の勧めもあり、登録したままで一度も行かなかったジムにようやく通うことにしました。とりあえず、習慣にすることからスタートしよう!と思い、週1、行けたら2回、というペースで通い出しました。

kowatari2

これはダイエットが成功したと思い、撮ってもらった後ろ姿です。今見るとお尻がたるんでいて寸胴で恥ずかしい写真です。

そしてもう1個大きなチャレンジをしました。部署異動です。

私の会社は辞令というのはあまりありません。異動する際は転職活動と同じプロセスを辿ります。同じチームにいることもできたのですが、30歳目前で、何かにチャレンジをしたいと思ったのです。当時は、外国人と仕事をする機会が少ないチームに所属しており、英語も苦手なまま…今後のことを考え、このままではいけない、そう思い、日本人たった一人、他は全員外国人という部署に異動をしました。

初めて1人での海外は1ヶ月の本社出張、チームメイトも上司も日本にいない中で、新しい仕事です。チャレンジばかりの日々でした。

その間、忙しさは日々増し、慣れない海外チームとのやりとりで夜遅くなったり、逆に朝はもっと早くなったりで、時間がなくなり、せっかく行きはじめたジムは行かなくなりました。半年も続かなかった気がします。短かったですね、私のジム通い…。

 


→NEXT:30過ぎて壊れた自分


バックナンバー