FASHION

一生カラダを洗わない、世界一美しい民族。ナミビアで、No Pooに挑戦します!

世界中をめぐる著者が、現地の健康情報を毎週お届けします。

 

 

軽自動車で、アフリカ大陸縦断ドライブ。

後半戦の一歩手前です。

多少インチキしたとはいえ、ナミビアにたどり着きました。

 

ナミビアとは「ナニもない」という意味ですが、世界一美しいものがふたつあります。

ひとつは、「星空金賞」を受賞した世界一美しい星空。

星空金賞に輝いたのは、地球上で3箇所だけ。ナニもないからこそ掴んだナミブ砂漠の栄誉です。

もうひとつは、「ヒンバ族」。

世界一美しいと言われる民族です。

ヒンバ族の女性は、トップレス。

手に余る立派な乳房。肌全体に茶色い土を塗りたくるエキゾチックさと、泥で固めたレゲエ風の髪の毛。短かめのスカートから覗く健康的な太もも。乳房より見せるのが恥ずかしいという足首をアクセサリーで隠すあたりが、オヤジ心をくすぐります。

 

DSC_8140

 

世界一美しい民族と言われているヒンバ族は、実は一生涯カラダを洗いません。

結婚前であろうと、勝負どきであろうと、結婚後であろうと。

身に塗りたくった土には酸化鉄とバターが含まれ、強い日差しや虫から身を守り、粉末状の香草で匂いを紛らわしています。

乾燥しているのでそもそもあまり臭わないというものの、加齢臭を振りまく我が身としては俄かには信じられぬ話です。

確かに彼女たちと直接話をしたところ、異臭は漂っていませんでした。

疑わしき箇所をピンポイントに攻めれば、芳しき花の香りでも確認できたかもしれませんが、そんなフィールドワークは望まぬ夢なのです。

 

 

武蔵、臭いぞ!

 

世界を見渡すと、ヒンバの女性以外にもカラダを洗わない民族がいます。

例えば、草原の民モンゴル人。

一昨年、モンゴルの移動式家屋「ゲル」に泊まりましたが、確かにシャワーの類はありません。

ついでに言うとキッチンもなく、それどころかトイレもなかったです。要するに、水関係はゼロ。

さほど広くないゲルに数人が雑魚寝するのが普通で、当然、部室のような汗臭さが充満しそうですが、ぜんぜん臭くないのです。

乾燥による脱臭効果とは、かくも強力なものなのかと驚くばかりですが、チベットで事情が変わります。

チベット人が生涯カラダを洗わないと紹介した河口慧海が、「彼らは不潔だ不潔だ」としつこく書き留めているので、乾燥を凌ぐ体臭だったに違いないです。

 

カラダを洗わない有名人を探せば、日本代表は宮本武蔵。

「洗足行水をきらひて、一生沐浴することなし」と書かれた、風呂嫌いです。

巌流島ではたぶん、臭いぞ武蔵、って言われていたのです。

中国3000年の歴史も侮れません。

あの毛沢東は風呂に入らなかっただけではなく、歯も磨かなかった猛者。それでも生涯性豪として現役だったわけですから、なんていうか、若い女性もたいへんです。

フランスに飛べば、ルイ14世もまた入浴は生涯に2、3度だけ。

再び日本に戻ると、作家の五木寛之さんは「数か月に一度しか髪を洗わない」と大威張りしていながらも、頭髪はふさふさ。路上生活者にハゲなしと自ら証明していた五木氏は、頭髪欠損症の希望の星です。

「The Dirtiest Man in the World」と呼ばれるイラン人は、60年間シャワーを浴びていません。ネットで御本尊を拝めますが、パソコンを閉じたくなるほど汚いです。

彼が言うには、清潔さは病の原因。清潔を拒否して、長生きしています。

 

 

肌荒れを鎮める菌力!

 

世界一汚いイラン人の言うように、不潔こそが健康かといえば、さにあらず。

中世に大流行したペストは、あまり入浴しないヨーロッパ人は多く罹り、感染率が低かったのは入浴習慣のあるユダヤ人。カラダは洗ったほうがいいのです。

 

しかし、くれぐれも洗いすぎは禁物です。

皮膚の表皮ブドウ糖菌、すなわち善玉菌が減少すれば、肌荒れの原因になります。

肌本来が持つ菌力を活かすため、最近、No Pooなるものが静かに流行中。

No Shampooの略称で、シャンプーも石鹸も使わないカラダの洗い方です。

1週間でも実践すると、肌が生まれ変わるそうです。

ならば、ここナミビアで、No Pooにチャレンジします。

 

「カラダを洗わない世界一美しい民族 VS No Pooオヤジ」

 

さっそく、今日のシャワーから。

後日レポートいたします。

 

 

ちなみに以前、荷物を減らそうとして石鹸で髪を洗ったところ、湿疹だらけになった頭。

頭皮が生まれ変わって、ふさふさになれば幸いです。

 

石澤義裕(いしざわ・よしひろ)
デザイナー。1965年、北海道旭川市生まれ。札幌で育ち、東京で大人になる。出版社勤務、デザイン事務所、編集プロダクションなど複数の会社経営の後、2005年4月より建築家の妻と夫婦で世界一周中。生活費を稼ぎながら旅を続ける、ワーキング・パッカー。世界中の生の健康トレンド情報をビジネスライフで連載中。